HIPHOP

【入門書】日本語ラップ・HIPHOPをこれから聴きたい人向けジャンル別まとめ

こんにちは、IKOANです。

本日は、日本語ラップをこれから聴きたい、もしくはHIPHOPに興味があるけど何から聴けばいいのかわからないという方向けに、ジャンル別におすすめの曲を紹介する記事です。

日本語ラップはかなり色々なジャンルがあります。

最近大麻取締法違反で逮捕された"漢 a.k.a GAMI"は”証明”という曲の中でこのようにラップしています。

(HOOK)
恵まれない環境からも
抜け出し目眩む程にメイクマニー
根暗、アングラ、文学系、スピリチャル
ラップにはそれぞれの意味がある
恵まれない環境からも
抜け出し目眩む程にメイクマニー
ポップス、ギャングスター、ネットラッパー
けどやっぱラップにはそれぞれの色がある
"証明 BOMBRUSH! feat. 漢 a.k.a GAMI"

ひとえに日本語ラップといっても、”YO!YO!”とか、”俺たちやばいぜ!”みたいなものばかりでは無く、繊細な文章で綴るような文学系のものもあれば、ストレートな主張を歌うものもあります。
それをジャンル別に入門編として紹介していきたいと思います。

ノージャンル(本当にこれから聴きたい人向け)

おいおい、ジャンル別って言ってたのにいきなりノージャンルかよってツッコミはしないでください・・・笑
まだHIPHOPの世界にハマってないとか、これから聴きたいけど何がおすすめなの?みたいな質問にお答えできる内容ではないかと思います。
↓こちらのリンク先へどうぞ!↓

ポエトリーラップ(感情を揺さぶられたい人向け)

ポエトリーラップ、別名ポエトリーリーディングとも言います。

詩を音に乗せて歌うスタイルで、叙事的に、感情的に、さらに時に繊細に言葉を紡いでいくものです。

HIPHOPは嫌いだけど、ポエトリーは好きって人も多いのがこのジャンルかと思います。

↓こちらのリンク先へどうぞ!↓

-HIPHOP

© 2020 PLAY MAGAZINE